キャッシングの返済が遅れたら

キャッシングで最も気を遣うのは、やはり返済ではないでしょうか。返済を確実に繰り返すことが、返済能力を示す一つの方法となります。しかし、時には返済が遅れることも珍しいことではありません。そんな時にどうしたらよいのか、対処法を抑えておきましょう。

返済が遅れるなら連絡を

返済が遅れる時に最も大切なのは、必ず返済が遅れることを連絡することです。何となく伝えにくい、気まずいというマイナスイメージが思い浮かぶかもしれませんが、だからといって返済を遅延したままにするのは印象をより悪くするだけです。そのまま放置するのではなく、自分には返済する意志があるのだと伝えておきましょう。会社側にとって最も不安に陥る状況は、返済をしないまま何の連絡もしない人物です。落ち着いて行動すればお互いに安心できるので、早い段階で相談をしておきましょう。

すでに返済が遅れた場合

とはいえ、返済日をついド忘れしてしまい返済が遅れてしまった、というケースもあり得ます。一度遅れたらもう取り返せないのでは、と思われるかもしれませんが、そのようなことはありません。何度も返済遅延を繰り返しているとマークされるかもしれませんが、一度の返済忘れで信用を失うことはありません。大切なのは返済する意志を示すことです。直接店舗を訪れるなり電話するなりして、その意志を示しましょう。ただし、初回の借り入れで遅延することだけは避けましょう。実績がないため疑われてしまいます。

厳しい取り立てはあるのか

映画やドラマのイメージが先行して、キャッシングの取り立ては厳しいイメージがあるかもしれません。しかし、現代のキャッシングでそうした取り立ては法律で禁止されているため、ドラマのような取り立てをされることはないでしょう。ただし、返済が遅れていることを催促されることはあります。特に実家暮らしをしている方の中には、家族に借り入れしていることを知られたくない方もいるでしょう。それなのに催促から借り入れが知られてしまっては元も子もないので、そうした意味でも返済が遅れないようにすることは大切なのです。

返済が遅延しても慌てないこと

大切なのは、返済が遅延しても慌てないことです。期日までに返済できないとしても、そこに一つ電話を入れるだけで信頼は大きく変わります。何も動かずに信頼を失い続けるよりも、どこかでアドバイスを貰うなりして信頼を回復しましょう。そうすれば、次の借り入れに影響することはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>